皿まわし体操で、体が柔らかくなった

こんにちは^^ 東洋医学と脳科学のヨガ、イルチブレインヨガ藤沢スタジオです。

今日は皿まわし体操で柔軟性UPされた男性会員サマからのグッドニュースです!

 

■■ イルチブレインヨガの皿まわし体験談 ■■
「体幹が鍛えられて軸が安定」
50代 男性

皿まわし運動を21日間やった感想を述べたいと思います。

最初は、皿まわし、つま先たたき、脳波振動と3種類を行うのがとても辛かったです。

何しろ体が硬くて、どれもうまくできませんでした。

 

何日か続けていくと、体幹の軸が取れるようになり、

お皿を持ちながら体をぐるぐる大きく回すことができるようになっていきました。

左と右で回し方が少し違っていたので、左右のバランスが整うように頑張りました。

 

21日間終わって、一番大きく変わったのは、体の柔らかさです。

始める前に柔軟性の測定をしたところ、前屈で「マイナス9センチ」という結果でした。

前屈をしても、指の先がつま先まで9センチも届かないということです。

それが、最終日に測定したら、「プラス11センチ」という結果でした。なんと、20センチもUPしたんです!

 

お皿をまわしているだけで、これだけ体が柔らかくなるということにびっくりです。

股関節も柔らかくなり、脚を広げるときにとてもスムーズになりました。

 

体幹を鍛えたおかげで、体のバランスが安定。

ふだん立っていても、あるいは他の運動をしていても、バランスが良くなったのを感じます。

今では毎日行わないと物足りない気がしますので、これからも続けて、更に体を改善していきたいです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「毎日行わないと物足りない」なんて!素晴らしいですね。

終えた後のスッキリ感が病みつきになるかもしれません

 

皿まわし体操は、6大関節をほぐしながら全身の気血循環を促し、なんと脳トレにも最適な体操です。

3月は冬から春へ、エネルギーチェンジの時期。

皿まわし体操でじんわり汗をかき、軽やかなココロと体で毎日過ごせたら幸せですね♡

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

良い1日を!

健康の基本~よく寝ること~  質の良い睡眠へ その②

東洋医学と脳科学のヨガ、イルチブレインヨガ藤沢スタジオです^^

数回に分けてお伝えしている「健康の基本」 質の良い睡眠へといざなう、今日は2回目です。

(前回のブログはコチラ

 

全身の経絡をほぐし、体と心の緊張状態を緩めると、その司令塔である脳もリラックス。

レッスンの後半は脳波が下がってきます。

脳波が下がった状態は、副交感神経が優位になり、全身がリラックスした状態。

この状態で眠りに入ると、とても深い、質の良い睡眠が得られます。

 

ほんの数分(本当に3分程度で)ぐっすり眠れました、ということ、実はよくあります。

(特にレッスン中

運動で体を思いっきり使えば、もちろん体は疲労して休息するために眠りを欲しますが

ただ動かすのでなく、経絡の流れに沿ってほぐすことが気血循環の促進につながり、

自然と深い眠りに入っていきます。

 

普段あまり使っていない体の部位があるなら、

今日はぜひ、そこを動かすように意識を向けてみてください。

この運動も、普段動かさない部位をかなり刺激されるハズ!

 

映像を見ながら、ぜひ楽しく行ってみてください。

肩こりがひどい方は無理せず、少しずつ可動域を広げてから行いましょう。