イルチブレインヨガ20周年記念体験談「普通の生活に戻れて嬉しい」

イルチブレインヨガの会員さんには、
20代~80代の老若男女が、いらっしゃいます。

年齢層が、巾広いですね🤩

ある70代の会員さんは、
ヨガを始めてから、曲がっていた指が、
真っ直ぐ伸ばせるようになったそうです。

すごいです~!

体験談を公開中です

 

 

健康の基本~よく寝ること~  質の良い睡眠へ その②

東洋医学と脳科学のヨガ、イルチブレインヨガ藤沢スタジオです^^

数回に分けてお伝えしている「健康の基本」 質の良い睡眠へといざなう、今日は2回目です。

(前回のブログはコチラ

 

全身の経絡をほぐし、体と心の緊張状態を緩めると、その司令塔である脳もリラックス。

レッスンの後半は脳波が下がってきます。

脳波が下がった状態は、副交感神経が優位になり、全身がリラックスした状態。

この状態で眠りに入ると、とても深い、質の良い睡眠が得られます。

 

ほんの数分(本当に3分程度で)ぐっすり眠れました、ということ、実はよくあります。

(特にレッスン中

運動で体を思いっきり使えば、もちろん体は疲労して休息するために眠りを欲しますが

ただ動かすのでなく、経絡の流れに沿ってほぐすことが気血循環の促進につながり、

自然と深い眠りに入っていきます。

 

普段あまり使っていない体の部位があるなら、

今日はぜひ、そこを動かすように意識を向けてみてください。

この運動も、普段動かさない部位をかなり刺激されるハズ!

 

映像を見ながら、ぜひ楽しく行ってみてください。

肩こりがひどい方は無理せず、少しずつ可動域を広げてから行いましょう。

 

皿まわしの健康の秘訣 > 皿まわしの健康原理~気血循環を良くして「水昇火降」に☆

最近TVやラジオ、雑誌で紹介され、何かと話題の『皿まわしエクササイズ』。
理屈抜きに楽しめて、でも効果も大きい、魅力的な体操です

どの様に効果があるのか、その原理は奥深いものがあります。
原理を知ったうえで皿まわしをすれば、より一層、そのメリットを実感できるはずです。

皿まわしは、東洋医学の考え方をベースにしています。東洋医学には、「通即不痛 不通即痛(通じれば痛まず、即ち、通じざれば痛む)」という言葉があります。これは、血液と気エネルギーの通り(気血循環)が良ければ、健康でいられるという意味です。

私たちの体は、気血循環が良いと、「水昇火降」(すいしょうかこう)の状態になります。水昇火降とは、体内の心臓(火)のエネルギーが下降し、腎臓(水)のエネルギーが上昇している状態のこと。水昇火降だと、頭が涼しくなり、下腹や下半身がポカポカに。内臓の機能が活発になって代謝がアップします。皿まわしは、水昇火降を簡単につくりだせるエクササイズです。

皿まわしでは、「左右対称」というコンセプトも重視されています。これは、左右の歪みを整え、本来のバランスを取り戻すというという考えです。普段、私たちはどうしてもいつも同じ筋肉だけを使う傾向があり、使わない筋肉は硬くこわばりがちです。皿まわしは普段あまり使っていない筋肉までまんべんなく刺激して鍛え、体の柔軟性を高めます。また、歪んだ骨盤や背骨、肩を正し、姿勢を良くします。

<皿まわしの健康原理>
1. 関節を回転させてエネルギーを循環させる
2. 左右対称の運動によって体のバランスを回復する
3. 筋肉を伸縮させ、臓器とつながっている経絡を開く
4. 無限大の動作(ボルテックス運動)で心理的なリラックス効果とともにエネルギーを充電する

http://saramawasi.com/ より

 

☆★☆只今スタジオでは、出張オーラ撮影会・体験会をさせていただける場所を募集中☆★☆
お店やサロン・教室でのイベントに、オーラで健康診断、何ていかがですか?
興味をお持ちの方、コラボさせていただける方、是非お声かけください☆

 

↓ランキング参加中!クリックして応援お願いします

にほんブログ村

にほんブログ村