体力は生命、脳力は創造、とにかく動こう

健康、幸せ、平和を自給自足するために最優先すできものを挙げるなら、健康です。

健康が幸せと平和のための基本的な足場であり、近道だからです。

私は「体力はすなわち生命」だと言っています。

人間は早ければ30代から筋肉量が減少しはじめますが、40代、50代になると大きな変化が起こります。

90代では20代に比べて筋肉量がほぼ50%減少し、70代では50代に比べて力が30%減少するといいます。

筋肉量の減少を予防する最も大事な対象法は運動です。

特に一定の姿勢を保つ運動や筋力トレーニングが効果的です。🧘‍♀️

運動習慣は少しでも若いうちにつけたほうがいいのですが、老年期の入ってから始めても遅くはありません。😁

「老人は力がない」というのは社会的な観念に過ぎません。

力というものは、鍛えなかったり使わなかったりすると、誰でも弱くなるものです。

関節や筋肉が衰え、バランス感覚の低下による苦痛を経験します。

このような症状を好転させるのには最も効くのは、身体を動かして運動することです。

身体が衰えていくのをだだ嘆くだけで放っておくのか、それとも積極的に動いて体力をつけるのか?

自分の選択の問題です。

身体を使っているうちに力が生じてきます。😊

人生120年の選択の本より

 

 

 

 

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう