皆さま、こんにちは。

イルチブレインヨガ藤沢スタジオのマーチです

 

前回、チャクラについて説明したのですが、

ちょっとわかりにくかったかも~?

と思ったので、続編です

 

“ チャクラとは、私たちの体のエネルギーシステムを司る中心点のこと ”

なのですが、

そもそもエネルギーって、なに?

私たちの体に、電気みたいなエネルギーが流れているの?!

 

と、思われた方。

 

はい、そうなんです!

私たちの体には、エネルギーが流れています。

東洋では、エネルギーを「気」と呼んだりします。

目には見えないエネルギーですが、

東洋医学では古くから、生命活動を維持するために

重要なものであるとされています。

 

コンピューターに例えてみましょう。

ここに、コンピューターのハードがあって、ソフトがあるとします。

それだけで、コンピューターは動きますか?

動きませんよね。

電気が必要です。

 

人間もハード(肉体)があって、ソフト(脳)があっても、

動きません。

エネルギーが流れているから生きているんです。

 

実際に、脳は神経細胞のネットワークでできていて、

神経細胞が電気信号(=活動電位、あるいは、スパイク、という)を

上げ下げすることで情報を伝えています。

 

高性能コンピューターのような人間の脳ですが、

脳でつかうエネルギー量は、たかだか数十ワットほどなんだそうです。

つまり、電球一つ分くらい。

( 『拡張する脳』  藤井直敬 著 より )

 

コンピューターが使うエネルギーの、十分の一程度の量です。

わずかな量だから、人間の体にはエネルギーが流れているということを

私たちは実感しにくいのかもしれませんね。

 

もちろん、エネルギーが流れているのは、

脳だけではありません。

全身を巡っています。

 

東洋でいう「気」エネルギーは、

電気信号のことだけをいうのではないのですが、

エネルギーの、中央制御室のような存在が、

 

チャクラ

 

なんですねー!

 

七つの宝石にも例えられるチャクラ

 

ただの石ころにしていたら、

もったいないですね~

 

イルチブレインヨガでは、

4番チャクラトレーニングを受けることができます

http://ilchibrainyoga.com/special-pg/