こんにちは!

イルチブレインヨガ藤沢スタジオのマーチです☆

 

前回のブログで、

一指 李承憲(イルチ イ スンホン)博士の質問をご紹介しました。

答えを考えていただけましたか?

 

Q:「木に咲く花に、おまえは葉っぱだと言ったら、怒るだろうか?」

 

「木に感情なんてないよ。フツー、木は怒らないよ」

と、思われた方。

 

そうかもしれませんが(^^;

その答えだと、博士の質問の趣旨から、外れてしまいます~(^^;;

 

博士は続けて、こう言われました。

「花が、花になる前は、葉っぱだった。

花が、枯れて落ちれば、土になる。

時間と空間で区切るから、別々のものに見えるけれど、

本来はみな、「一(ひとつ)」なのです」

 

博士は、

争いや対立がおきるのは、私たちが、

人はみな「一」である、ということを忘れているからです、

ともおっしゃいました。

 

***

花の話は、人間にも当てはまります。

 

人間のDNAには、ミトコンドリアという、

母から子どもに受け継がれる遺伝子があります。

あらゆる国の人々のミトコンドリアを調べて、

母親の母親の母親をどんどんたどっていくと、

たった一人の女性にたどりついたのだそうです。

それが、

ミトコンドリア・イブ。

約20万年前にアフリカに存在した一人の女性です。

 

なんと!

このブログをお読みになっているあなたの20万年前のお母さんと、

私の20万年前のお母さんは、

一緒だったんですねー!!

 

そして、

私は日本人ですが、

20万年前のご先祖さまは、アフリカ人だったんですねー!!!

 

私のご先祖さまがアフリカを出発して日本にたどり着くまでの途中で、

いったい、どれだけのご先祖さまが、世界中に散らばっていることか!?

 

空間で区切るから、アフリカ人や日本人と区別できますが、

もっと広い空間で眺めたら……、

私も、ご先祖さまも、

地球人ですね♪

 

国と国との対立、民族と民族との対立なんて、

時間と空間をとっぱらえば、

意味のないものになります。

 

地球市民だと自覚する人が一億人になったら、

世界は変わります☆

 

地球市民になって、地球を救おう♪

◇ 地球市民、募集中~♪ ◇ ↓

http://earthcitizen.jp/earthcitizenschool